熊本で結婚式前撮り・フォトウェディングならAVENIR【ロケーションフォト・結婚写真専門カメラマン】

プレウェディングフォト(私服前撮り)で魅力的な写真を残しませんか?

1540 views
約 5 分

こんにちは、アベニールの山﨑です。

今回は「プレウェディングフォト」についてのお話です。

プレウェディングフォトは、結婚式の前撮りも含まれますが、もっと大きな総称としてブライダル業界では使われることが多いです。

その中でもお勧めしたいのが「私服前撮り」です。

エンゲージメントフォトとも呼ばれますが、結婚という節目を迎えた今だから残せる写真なんです。

プレウェディングフォト

普段の二人の様子を「プロのカメラマン」に撮影してもらう機会って、そんなにないですよね。

プレウェディングフォトは結婚式を控えた二人の自然な表情や、今の雰囲気を写真に残すこと。

海外では人気なのですが、最近日本でも徐々に浸透しているように感じます。

お揃いの服を着たり、思い出の場所で撮影したり、二人にとって大切な記念日にもなると思います。

魅力的な雰囲気

明るく、楽しい雰囲気が好きなお二人も、カメラマンの目線でロマンティックな雰囲気なども撮影することができます。

「ロマンティックに、大人の魅力を・・」というリクエストは口に出すのも抵抗があると思っています。

自然体な二人を残すのはもちろんのこと、例えば同じ時間程でもこのような写真を残すことも可能です。

プロカメラマンに撮ってもらう理由

結婚式のカメラマンだからこそ、私服でもモデルのような瞬間を残せたり、

二人の魅力、二人らしさを見つけることができる機会でもあります。

結婚式を控えたお二人にとっては、撮影されるという機会の予行練習にもなりますね。

普段の日常では中々プロカメラマンから写真撮影をしてもらうことも多くはないはず、

だからこそ、飾れる写真としても残すことができると思います。

写真は振り返ってこそ価値がある

何の為に「写真」を残しますか?

写真を振り返ると、そこに「当時の思い出」が蘇りますよね。

写真は瞬間を切り取るもの。と言った言葉がありますが、

将来、その写真を見返したときに「思い出」として記憶が蘇り、夫婦や家族の中で会話が生まれます。

その時間、その思い出を共有することも「写真の価値」の一つだと思います。

将来生まれてくる新しい家族。

その子が大きくなった時に、また見返したり、家に飾っておくだけで、

家族との会話も増え、何気ない瞬間にも「幸せ」を感じることもできると思います。

相手の好きな表情

お二人の中でもありませんか?

自分は相手の「この表情が好き」という部分。

たまに、本人は「イヤだ・・」と、思っている場合もありますが、自分からすると「この表情が好きだな」って思う瞬間はあると思います。

その「この表情が好き」と思った時に、

「あなたはどんな表情をしているか知ってますか?」

僕らカメラマンは、その瞬間がとても好きなんです。

お互いの気持ちが写真に現れているような気がします。

笑っている顔、楽しそうな雰囲気、二人らしさ。

たくさん写真に対しての言葉はありますが、見るだけで「なんか・・この写真いいね。」と思えるような1枚を残してみてはいかがでしょうか。

結婚式の色んなシーンで活用できる

プレウェディングフォトを残すと、結婚式でも色んなことに活用することができます。

例えば、

ウェルカムボード
プロフィールブック
ウェルカムスペース
ゲストテーブルに飾る
オープニングやプロフィールなどの映像に利用

軽く考えただけでもこれだけの活用方法があります。

ウェディングドレスや和装の前撮り写真を利用した活用方法は今までたくさん見てこられたと思います。

だからこそ、プレウェディングフォトで私服撮影することによって、

「うわ、いいな〜」

「おしゃれだね〜」

というゲストからの評価も上がる可能性も高いですね。(実際に結婚式の撮影を行くと耳にします)

私服前撮りも主流に?

実際、関東地区ではとても人気が高くなっており、私服撮影を行なっているフォトグラファーも増えてます。

徐々にではありますが、福岡や熊本でも人気が上がってきています。

その時に、やはり誰に撮ってもらうか?という部分は重要です。

インスタだけでなく、ウェブサイトでも色んな私服前撮りを行なっているカメラマンもいますので、

あなたのお好みと、センスでフォトグラファーを選んでみるのもいいと思います。

ついでに結婚式の撮影も合わせて依頼すると「割引」なども行なってくれるとこもあるので実はお得なのかもしれません。

最後に

プレウェディングフォトは結婚式の私服前撮りとして利用することができます。

ドレスの前撮りも残したいと思われてると思いますが、私服だからこそ普段の幸せな雰囲気を残せることもある。ということをお伝えして終わりたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました☆

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud