熊本で結婚式前撮り・フォトウェディングならAVENIR【ロケーションフォト・結婚写真専門カメラマン】

前撮りするなら式場?別撮り?それぞれのメリットとデメリットを教えます*

4332 views
約 13 分

こんにちは、アベニールの山﨑です。

結婚式の前撮りをしたいと考えた時、式場で撮る方法と別撮りする、2つ方法がありますが、

それぞれ、どんなメリットがあるのか、何が違うのか?という部分をカメラマン目線でお伝えします。

〜この記事はこんな人が書いてます〜
・結婚式場の支配人と商談したり
・結婚式の写真や映像を撮影したり
・結婚式場の指定業者として撮影したり
・結婚式プロデュースやプランニングを行なったり
・国内とハワイで撮影しているカメラマンです

 

View this post on Instagram

 

やまかず@写真と映像カメラマンさん(@yamakazu_photo)がシェアした投稿

 

前撮りするなら式場?別撮り?

今回は、結婚式の前撮り写真撮影のお話です。
前撮りとは”結婚式を挙げる前に婚礼写真を撮ること“を言います。

昔は式場の写真室でハイポーズ!て言って撮影する記念撮影が主流でした。今は小物を使ったり、ロケしたり、前撮りの傾向も変わってきました。

式場で前撮りするのと、前撮り専門業者や外注カメラマンで別撮りするのは、何が違うのか解説していきます。

【すでに式場へ依頼していて、どうするか迷っている人はこちら↓】
前撮りを式場から外部カメラマンへ変更するときの注意点

結婚式の前撮りを外注カメラマン・外部業者へ依頼するときの注意点

式場で前撮りする時の種類と見積り

チャペル前撮り写真|ウェディングドレス

結婚式場には専属のカメラマン(式場提携業者)がいます。式場によっては数社提携していることも。

式場で前撮りをする場合、最初の見積りに入っている前撮り項目に目を通してみてください。

見積りの記載名は式場によって変わりますが、項目名でよくある質問例を中心に解説します。

六つ切写真2ポーズ

ます、ウェディングドレスやカクテルドレスのことを洋装、色打掛や白無垢のことを和装と言います。

見積りにウェディングドレス、カクテルドレスがある場合、

それぞれの衣装で1枚ずつ台紙に写真が貼ってあるものになります。

これが六つ切り写真2ポーズ(写真が2枚)という意味です。

この場合、基本的にデータはもらえません。

某式場の見積り例

見積りの前撮り項目
ウェディング
  16,800
カクテル        16,800

先ほどの「六つ切写真」という表記ではなく、

先ほどと同様、ウェディングドレスとカクテルドレスでの写真が2枚貼ってる台紙になります。

正直、今は六つ切台紙だけを頼まれる方はかなり少ないです。

そもそも前撮りしなくてもいい。記念に1枚あればいい。そんな新郎新婦さんくらいしか選ばない内容です。

1番安い種類の前撮り写真の内容で、初期見積りに入ってる場合も多いです。

この六つ切り写真の上のランクにアルバムがあります。
ちなみに結婚式当日、挙式や披露宴の様子を残す写真のことをスナップ写真と言います。

六つ切り写真の状態で写真の枚数を増やしていく場合、

1枚16,800円が2枚ずつとなり、ウェディングドレスとカクテルドレスの2パターンとなると、

六つ切り写真4枚で67,200となります。

しかし、ほとんどの方がアルバムを頼まれます。

当日スナップ写真と前撮り写真を組み合わせたアルバムです。

料金はアルバムのタイプで大きく変動します。

熊本の相場では24万〜36万円という価格設定が多く、高額な式場では30万〜50万ほどになります。

ページ数や前撮りの撮影枚数によって変わりますので、式場打ち合わせが進まないと実質的な金額がわからない場合もあります。

また、基本的な考えとして式場内で撮影する前提の料金になっています。

ロケーション撮影を行うと・・・

・カメラマン出張費
・美容師出張費
・ドレスクリーニング代

などが別途必要になる場合があります。

どこで撮影するかにもよりますが、前撮りロケと当日スナップ写真のアルバムにこだわりたい新郎新婦さんは、

最初の見積りより金額が上がることもよくあります。

式場で撮影するメリット

前撮り写真撮影|式場のガーデン

この式場が気に入ったから、ここで契約しようと決めた方が多いと思います。

その気に入ったポイントでもある「式場の雰囲気」「チャペルの雰囲気」「披露宴や大階段」など、

結婚式場の設備で前撮りができることです。

そこの”式場でしか撮れない写真”が残せることですね。

豪華なチャペルやオシャレな披露宴会場など、お気に入りの場所を背景に撮影できます。

またホテルなどではスタジオが併設されていることも多いです。

和装はスタジオ、ウェディングはチャペル。などの使い分けができますので、1日短時間で前撮りができます。

またプランナーさんも同席したりすることもありますので、顔見知りで仲の良いプランナーさんが付いてくれると、一緒に写真撮ったりもできますね。

ただし、一部のスタジオ(写真室)では、携帯や自前のカメラで撮影が禁止されてることもあります。

今は少なくなってきたかもしれませんが、昔は結構多かったんですよ。

式場で前撮り撮影した時の費用

先ほど少し述べた内容ですが、最初の見積りでは1ポーズ(1枚)の料金掲載が多く、実質的な金額は新郎新婦が選んだ分だけ増えてきます。

そこで1つ、結婚式は金額だけで判断しないほうが失敗が少なくなります。

もう一度言います。

結婚式の項目は、金額だけで判断することはやめた方がいいです。

内容を理解して、目で見て納得して選ばれることをオススメします。

理由は、金額とクオリティのバランスが式場によって異なるからです。

一般的に考えると、高いものほど良いもので、安いものほどそれなりなイメージだと思います。

しかし、このウェディング業界ではその常識が通用しない場面もちらほらあります。

レストランなどで食事する時にも思いませんか?

同じ1,000円のランチをABのレストランでやってるけど、Bのレストランの方が美味しい。なんてありますよね?

同じ名前・同じ価格でも、式場が違えば中身が違ったり、ボリュームが少なかったりします。

写真は結婚式が終わってから残るものです。後に残る物にはきちんとお金をかけることも大切です。

結婚式でやっておけば良かったランキングでも、写真や映像がトップ3に入ってます。
結婚式でやっておけばよかったランキング|ゼクシィ

せっかくの結婚式ですから後悔のない選択をしたいですよね。

式場で前撮りする方が良いヒト

式場で前撮りをした方が結果的にメリットがあるケースがこちらです。

・式場のチャペルで絶対撮りたい
・前撮りや写真自体にこだわらない
・2〜4枚ずつ撮れれば充分
・ロケよりも式場の雰囲気で撮りたい
・パッケージプランや特典が付いてる
・費用はあまり気にしてない

式場でしか撮れない写真がありますので、せっかくなら記念に残したい!って人は、ぜひ式場で前撮りされてみてください。

写真を残さないよりも、残した方が良いことには変わりありません。

私たちがプロデュースしているお客様からこんな声もありました。

“ロケにも行きたいけど、チャペルや大階段でも前撮りしたい”

式場さんのカメラマンでロケを希望すると以下のような問題がありました。

・対応できる時間が限られるので全部のロケが不可能
・ロケ出張費が別途必要で高額になる
・外部カメラマンではチャペルなどの施設の前撮りはできない

そこで新郎新婦さんの希望を叶える為に考えます。

「ロケは外部カメラマン(私たちです)で撮影し、そのスケジュールの中に式場で撮影してもらう時間を設ける」

というように、ロケーション撮影をしたい希望と、チャペルでの写真を残せ、結果的に費用もすべて式場へ依頼するより安価になった。

これは、自分たちのやりたいことを叶えるための方法を知っていたから最善の選択を行うことができます。

式場カメラマンと外部業者は何が違うの?

外部業者とは、お二人が挙式する結婚式場と提携していない、別のフォトスタジオやカメラマンのことです。

別撮りなどともよばれますが、式場以外のカメラマン、フォトスタジオに前撮りを依頼される方も最近増えています。

違いは以下のような項目が特徴です。

<外部カメラマン・外部フォトスタジオ>
・式場よりも価格が安い会社がある
・オシャレなスタジオで撮れる
・式場にはないアルバムや写真が撮れる
・ロケーションプランなどが多い
・結婚式で着ない衣装でも撮れる

外部業者へ前撮りを依頼する理由

新郎新婦のお二人が、式場ではなく、外部のカメラマン(フォトスタジオなど)で「前撮り撮影」を依頼することが増えている背景には下記のような理由があります。

【外部カメラマンに依頼する理由】
・結婚式の費用を抑えたいから
・式場で好みのアルバムがなかったから
・ロケーション撮影などこだわりたいから
・結婚式とは別の衣装、和装をしたいから

その中でも、写真はこだわりたいから、費用をできるだけ安くしたいから、という理由が多いようです。

外部カメラマンで別撮りする

前撮りを式場以外のカメラマンに依頼する場合、色々な選択肢があります。

・式場でレンタルする衣装で前撮りする
・フォトスタジオの衣装で前撮りする
・ドレスは式場レンタル、和装は別の衣装店でレンタルする
・旅行を兼ねてその場所で前撮りする

目的に合わせて様々な選択が可能ですが、式場の衣装を借りて、外部カメラマンに前撮り撮影(別撮り)を依頼したい場合、式場へ確認する必要があります。

式場の中には、外部業者での撮影を禁止したり、ロケーション撮影へドレスを持ち出すことができなかったり、できたとしても1着2〜3万円のクリーニング代や別途費用を請求されることもあります。

費用を抑えたい方は色々計算する必要ことがポイントです。

衣装を持ち出すことで発生する費用と、外注カメラマンの前撮り料金を合わせた金額が、式場で前撮りするのとどのくらい違うのかということです。

式場によっては、前撮り料金込みになっていることもありますので確認してみましょう。

別撮りするメリット

前撮り写真|ウェディングドレスと夕日

前撮り(別撮り)専門のフォトスタジオも多くなってます。
式場提携していないフォトスタジオや、前撮り業者を選ばれる方が増えているのが現実です。

メリットは費用と内容が充実してる会社も多く、新郎新婦さんが撮りたい写真を残してくれることも多いのも理由の1つ。

最近では◯◯万円でロケ行き放題。というキャッチコピーをかがげている会社が増えてます。価格も下がってますので、お値段重視の方にとっては今がチャンスですね。

予算の話は置いといて、式本番とは別の衣装で写真が残せるのもメリットです。

ドレスや和装を着て写真を撮るのは結婚式を挙げるこの時期にしかできないことです。

結婚式当日は洋装だけの方も、前撮りで和装だけ撮られる方も増えてます。

式場以外で別撮りすると何が違う?

外部のフォトスタジオやカメラマンに前撮り(別撮り)を依頼する場合、

式場のチャペルや披露宴会場では、外部カメラマンの撮影がNGな式場があります。

式場のチャペルで撮りたいなら、式場の手配するフォトスタジオ、カメラマンでないといけませんよ。ってことです。

中には撮影OKな式場もありますので、前撮りを式場へ頼むか、外部で頼むか悩まれてる方は要確認です。

「なんで外部のカメラマンが撮影したらダメなの?」って思われるかもしれませんが、色んな理由があるのです。

式場提携以外の会社へ依頼するデメリット

式場によっては、前撮り撮影の時に結婚式場で撮れない場合があります。主な規則が以下の通りです。

・提携外カメラマンは式場内での撮影禁止
・チャペル以外の場所での撮影を許可
・どこでも撮影可能

例えば、

・チャペルでの前撮り写真が撮りたい!
・チャペル横の大階段での前撮りしたい!

このようなお二人の場合、外部カメラマンが前撮りで式場内のチャペルや大階段で撮影を行えない。というデメリットがあります。
「チャペルは当日写真撮れるからいいや」という人もいれば、
「絶対チャペルで撮りたいから式場に頼もう」というカップルもいます。

デメリットと感じるかそうでないかは新郎新婦さんの中にある”優先順位“によって違います。

写真にこだわりたいなら別撮りをオススメ

写真にこだわりたい花嫁さんや、かわいいスタジオで撮りたい!と思っているお二人は、

式場提携ではない、外部のフォトスタジオやカメラマンに撮影依頼することをお勧めします。

理由1:写真を撮るための設備

式場では写真場と呼ばれるスタジオを建物内に設営しているところもあります。

ホテルでは多いですが、前撮りする為というよりも、親族の集合写真や従来の婚礼写真を撮影する設備が多いからです。

色んな写真を撮影しているフォトスタジオは、おしゃれな空間や小物を使った撮影ができるスタジオが人気を集めてるのも事実です。

理由2:自由にできる

チャペルや披露宴会場での撮影は、ある程度決まった場所や構図に偏ってしまうこと。

その式場で挙げる他の新郎新婦も同じポーズや写真も同じことが多いです。

こだわりたい花嫁さんにとっては、物足りなく感じるかもしれません。

この前、ある結婚式場で前撮りをさせて頂きました。そこの式場さんは、普段ロケには行かれないそうです。

そして「普段、1着の撮影時間は10分かからない」という内容でした。予測すると先ほど述べたのうに”六つ切り写真”がベースというのがお分かり頂けると思います。

そして別の式場さんでの前撮りですが、打合せでは1着40分から1時間かけてじっくり撮影します。とお話されてましたが、実際当日になると20分程度でパッパッパッパとあっという間に約5〜6ポーズくらいで終わってしましました。

要するに、お二人が前撮り写真をどこまで追求するか?という所です。

何枚か残せばいいよね!というお二人はわざわざ外部カメラマンに依頼する必要もメリットもありません。

立派な写真が式場で手に入ります。

たくさん写真を残したい!色んな場所で撮影したい!こんなポーズで写真とって欲しい!

などの希望がある新郎新婦さんほど、式場へ依頼するとオプション扱いになって結果的に高額になるという話です。

外部で頼まれる方が多いのはそのためなのです。

理由3:自由に撮りたい写真を残せる

式場の前撮りは、チャペルや敷地内で撮影することが前提です。ロケに行くのはオプションになります。

ロケーション撮影できる式場もありますが、行っても二カ所程度が多いです。

その理由は時間制限がある式場が多いこと。

10時〜18時までに終わらせないといけなかったり、1着の撮影時間が決まっていたり、ロケーション撮影を行うと追加料金が発生することが理由です。

なので、夕日や夜景のウェディングフォトは、時間規則で不可能・高額な追加料金が必要という式場も実はあるんです。

一方、外部のロケーション撮影を主体とするフォトスタジオでは、時間無制限や撮り放題など、式場にはないサービスやプランが人気です。

せっかくの前撮りだから、色んな場所でおしゃれにかわいく写真を残せることが一番の理由ですね。

そして外部のフォトスタジオで撮影することで、費用も抑えたりすることも可能な場合もあります。

まとめ

最近は”前撮りだけ別のフォトスタジオ“で撮影される新郎新婦が増えています。

最近は写真のクオリティも”おしゃれな今風な前撮り”が人気を集めている傾向がありますので、こだわりたい新郎新婦さんは前撮りを別で考えることも選択肢の1つになってきています。

その背景には、結婚式場では思っていたより自由にできなかったり、前撮りの時間制限があったりと、残せる写真に限界がある。という理由があります。

昔は、前撮りと言えば結婚式場の写真場で撮影するのが当たり前だったからです。

ただ、今はそこに“違う選択肢が出てきた”とうことなんですね。

その選択肢が新郎新婦にとってどう捉えるかは、人それぞれです。

本当に写真にこだわりたいと思っている新郎新婦さんは、式場を決める前に選択肢を増やしておくと、二人のメリットは増えることもありますが、そのお話は別の記事で紹介しています。

一生に一回の前撮りだから、後悔のない選択を行なってくださいね。

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud