熊本で結婚式前撮り・フォトウェディングならAVENIR【ロケーションフォト・結婚写真専門カメラマン】

荒尾で前撮りするなら万田坑がおすすめ!

2019年7月15日
1580 views
約 3 分

今回は荒尾で前撮りするなら万田坑がおすすめ!という内容です。

地元の方はどんな印象をお持ちですか?

正直、ちょっと行かない・・みたいな印象ないですか?
実は、世界遺産登録された万田坑ではかっこいい雰囲気の前撮り写真や、ポートレート撮影が行われています。

世界文化遺産で撮影できる

荒尾の万田坑|結婚式前撮り写真

とても歴史のある万田坑は、日本の近代化を支えた場所の一つとして国の重要文化財と史跡に指定され、現存する施設や機械は今も大切に保存されています。

石炭は、日本の産業革命を支え、近代日本の礎を築く源となったエネルギーです。荒尾市と、隣接する福岡県大牟田市にまたがって隆盛を極めたのが三池炭鉱。その中心的存在が、明治の頃の技術の粋を集めて建造された日本最大規模の2つの竪坑を持つ「万田坑」でした。
しかし、1900年代後半に入ると採炭効率が低下。また、世界のエネルギーの主役が石炭から石油に移行したこともあり、1951年に採炭が終了し、1997年、ついに万田坑は閉山となってしまいました。
(引用元|荒尾市観光情報サイト|まるごとあらお より)

レンガと草原

この写真は11月下旬に撮影したものです。やがて冬・・という季節でも、こんな雰囲気で撮影することができます。

映画のポスターみたいなウェルカムボードができそうに見えるのは僕だけでしょうか?

これは万田杭敷地内の一角です。

キャッピキャピ〜♡・・というイメージではなく、クールな感じ(かっこいい雰囲気)がおすすめですね。

この場所は万田坑でいつも撮影させてもらっています。

トンネル入り口に光が入ってくれるのは16時前後が多いです。でも17時ピッタリに門を締められますので、余裕を持って撮影に行くスケジュールにしましょう。

たまに係員の方が覗きに来るのですが、地元のおじいちゃんみたいな優しい方々の色んな話を聞くこともできます。笑
17時付近になると「もう閉門するばい!」と教えてくれます。

でも大丈夫!

先ほどの外で撮っていた写真は17時過ぎても撮影することができます。

これですね。奥に見える建物に敷地が17時までなのです。

ちなみに撮影する際は、事前に万田坑ステーションへ申請が必要です。それと人数分の入場料もかかります。

夕方の万田坑で撮影したあとは三池海水浴場へ

万田坑から約15分程度あれば夕日の海で撮影することができる三池海水浴場へ行くことができます。

夕日を見に来られる方や釣りをされている方もいらっしゃいますが、ビーチサイドはほぼ人がいないので、とても撮影するには環境が良い場所です。

荒尾や大牟田方面も次のロケ場所まで近い!というメリットもありますのでオススメしてます。

最後に

今回は荒尾で前撮りするなら万田坑がおすすめ!という内容でしたがいかがでしたか?

事前にどんな写真が撮れるか知らないと「こんな風に撮れるんだ〜!」なんて、意外とイメージがわかないものです。

ロケーション撮影は1カ所ではなく、あちこち回りながら撮影していく流れも楽しいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました☆

 

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud